プロフィール

兵法 彩

staff member
氏名 兵法 彩
職名 特別研究員
所属 東京大学 総括プロジェクト機構 「プラチナ社会」総括寄付講座
日本学術振興会 特別研究員(PD)
電話 03-5841-1596
Email heiho-aya[at]platinum.u-tokyo.ac.jp
研究分野
環境・エネルギーシステム分析
ライフサイクル環境・社会経済影響評価
略歴
2002.03 横浜市立東高等学校 卒業
2003.04 ~ 2007.03 広島大学総合科学部総合科学科 入学/卒業
2007.04 ~ 2008.03 広島大学大学院生物圏科学研究科環境循環系制御学専攻 入学/中途退学
2008.04 ~ 2011.07 株式会社クリオアドバイザーズ 入社/退職
2011.04 ~ 2016.06 横浜国立大学大学院環境情報学府環境イノベーションマネジメント専攻
修士・博士課程 入学/修了
博士(環境学)
2015.04 ~ 2016.06 日本学術振興会・特別研究員(DC2)
2016.07 ~ 東京大学 総長室総括プロジェクト機構 「プラチナ社会」総括寄付講座 特別研究員
日本学術振興会・特別研究員(PD) (DC2からの資格変更)
受賞歴
  • 第6回日本LCA学会論文賞 (2015年3月)
    兵法彩, 本藤祐樹, 工藤祐揮, バイオマスプラント建設のGHG排出量推計に向けた産業連関表の実用的な利用, 日本LCA学会誌, 10(1) 13-24 (2014)
  • 横浜国立大学大学院環境情報学府 学生表彰(2015年3月)
  • 横浜国立大学 学生表彰(2013年3月)
  • 横浜国立大学 成績優秀者表彰(2013年3月)
  • 横浜国立大学大学院環境情報学府 学生表彰(2013年3月)
所属学会
  • 日本LCA学会、日本エネルギー学会、エネルギー・資源学会
査読付論文
  1. 兵法彩, 本藤祐樹, 森泉由恵. 地域の雇用変化に着目したバイオマス事業のソーシャルライフサイクル評価, 日本エネルギー学会誌, 94(2) 159-169 (2015)
  2. 兵法彩, 本藤祐樹, 工藤祐揮. バイオマスプラント建設のGHG排出量推計に向けた産業連関表の実用的な利用, 日本LCA学会誌, 10(1) 13-24 (2014)
  3. 鶴谷昌洋, 兵法彩, 工藤祐揮, 本藤祐樹. 廃棄物系バイオマスの活用に伴う環境影響―三浦バイオマスセンターを事例として―, 日本エネルギー学会誌, 92(10), 994-1005 (2013)
研究資料
  1. 兵法彩, 本藤祐樹. 地域バイオマス事業の意思決定におけるLCAの有益な活用, 日本エネルギー学会誌, 94(5), 515-521 (2015)
学会発表
    【国際】
  1. Aya HEIHO, Hiroki HONDO, Yue MORIIZUMI. Development of a Tool for Simplified Life Cycle Inventory Analysis of Biogas Power Generation Projects, The 12th Biennial International Conference on EcoBalance, Kyoto, Japan, 2016 October
  2. Aya HEIHO, Hiroki HONDO, Yue MORIIZUMI. Benefits of biogas projects from local and global perspectives, The 11th Biennial International Conference on EcoBalance, Tsukuba, Japan, 2014 October
    【国内】
  1. 兵法彩, 本藤祐樹, 森泉由恵. バイオガス発電の事業計画を支援する環境特性評価ツールの開発と適用, 第25回日本エネルギー学会, 2016年8月, 東京
  2. 兵法彩, 本藤祐樹, 森泉由恵. 効果的なバイオマス事業の選択に向けた環境特性評価ツールの作成, 第11回日本LCA学会研究発表会, 2016年3月, 東京
  3. 兵法彩, 本藤祐樹, 森泉由恵. 再生可能エネルギー産業連関表を用いたバイオガス発電技術のライフサイクルGHG分析, 第10回日本LCA学会研究発表会, 2015年3月, 兵庫
  4. 兵法彩, 本藤祐樹, 森泉由恵, 中野論. 複数バイオマス発電技術に着目した再生可能エネルギー部門拡張産業連関表の作成, 第31回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス, 2015年1月, 東京
  5. 兵法彩, 本藤祐樹, 森泉由恵. 家畜排せつ物由来のバイオガスシステム導入が地域内外に及ぼす影響, 第23回日本エネルギー学会, 2014年7月, 福岡
  6. 兵法彩, 本藤祐樹. 地域バイオマス事業の意思決定プロセスにおけるLCAの活用, 第9会日本LCA学会研究発表会, 2014年3月, 東京
  7. 兵法彩, 本藤祐樹, 森泉由恵. 家畜排せつ物の利活用を事例とした地域バイオマス事業の環境・社会経済影響評価, 第9回日本LCA学会研究発表会, 2014年3月, 東京
  8. 兵法彩, 本藤祐樹, 工藤祐揮. 地域バイオマス事業のライフサイクルGHG評価に向けた産業連関表の活用, 第22回日本エネルギー学会, 2013年8月, 東京
  9. 兵法彩, 本藤祐樹, 工藤祐揮. 産業連関表を用いたGHG排出量の合理的な推計方法-バイオマス事業のプラント建設を事例に-,第8回日本LCA学会研究発表会, 2013年3月, 滋賀
  10. 兵法彩, 本藤祐樹, 工藤祐揮. プラント建設に伴うGHG排出量の簡易な推計方法-バイオマス事業の適切な評価に向けて-, 第21回日本エネルギー学会大会, 2012年8月, 東京
  11. 兵法彩, 本藤祐樹, 工藤祐揮. バイオマス事業のライフサイクルGHG排出量推計方法の比較-宮古島のバイオエタノールプラントを事例に-, 第7回日本LCA学会研究発表会, 2012年3月, 千葉
  12. 兵法彩, 佐久川弘. 海水中の蛍光性溶存有機物の光分解に関する研究, 日本地球化学会第54回年会, 2007年9月, 岡山
その他
  • 2015年4月~2017年3月 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
    研究課題名:地域バイオマス事業の導入戦略に向けた技術評価ツールの構築
  • 2013年4月~2015年3月 環境省環境研究総合推進費(課題番号2-1302) 技術補佐員
    再生可能エネルギーの価値評価と導入戦略のための基盤構築 (研究代表者:本藤祐樹(横浜国立大学))
  • 2014年4月~2015年3月 公益財団法人横浜工業会 奨学生
  • 横浜国立大学大学院環境情報研究院共同研究推進プログラム 課題C