東京大学「プラチナ社会」総括寄付講座 Presidential Endowed Chair for "Platinum Society"

「プラチナ社会」総括寄付講座

 本総括寄付講座は、部局横断的に活動を展開することを目的とする総括プロジェクト機構に設置されています。本講座では特に、環境・エネルギー、健康・医療、地方創生等の課題を解決する「プラチナ社会」を実現するための、理論的背景の整理、知の構造化による課題解決のフレームワークづくり、普及展開方策等に関する研究を行っています。

 本講座は、2012年4月に第Ⅰ期として、株式会社地球快適化インスティテュート、日本電信電話株式会社、富士フイルムホールディングス株式会社、三井不動産株式会社、株式会社LIXILの5社のご寄付により、総長室に設置されました。2015年11月には信越化学工業株式会社も新たにご参画頂き、2017年3月末を以て第Ⅰ期活動を終了しました。

 2017年4月には第Ⅱ期として、株式会社地球快適化インスティテュート、三井不動産株式会社、信越化学工業株式会社、オリックス株式会社、積水ハウス株式会社、東日本旅客鉄道株式会社の6社のご寄付により、活動を開始いたしました。




 お知らせ




研究分野

個別の課題への取り組み

都市部・農林業地域別システム設計
林業再生シナリオの設計と評価
農工横断的解析によるシステム設計
植物工場の技術評価とシステム設計
エネルギーシステムの設計
エネルギーシステムのシナリオ設計
シミュレータ・アナライザの設計と開発
技術・システム導入の支援
予防的・先進的な健康増進・維持システム設計
医療・健康の先端学術知識の構造化
地域の予防・先制医療に関する取り組みの構造化
医療・健康データの統合・利活用システム設計

社会実装に向けた方法論の構築

社会の評価軸・指標 / メタ知識の構築
既存の社会・環境・持続可能性評価指標の構造化
地域自治体の幸福度指標調査の分析
「プラチナ社会」指標の設計

お問い合わせはお気軽にご連絡ください. web[at]platinum.u-tokyo.ac.jp03-5841-1596